【AirPods】電池の減りが早くなってきたら!電池交換や中古品の相場を調べてみた

Apple
この記事は約3分で読めます。

AirPodsを使っていて、充電する頻度が多くなってきたり、電池の減りが早いと思ったことは無いでしょうか?

私の初代AirPodsも購入から1年を過ぎた時、電池の減りが早い感じになりました。

購入して1年以上経ってくると、AirPodsの電池も劣化してきます。

今回はAirPodsの電池でお困りの方にお届けします。

【AirPods】電池の減りが早くなってきたら!電池交換や中古品の相場を調べてみた


まずAirPodsは、歴代のモデルに限らず電池が3つ搭載されています。

  • 充電ケース
  • 本体左
  • 本体右

充電ケースに充電した電気を使って、本体の左右の充電池に充電します。

ですので、AirPodsの電池持ちご悪くなってきた場合、例えば全部の電池を交換する必要があります。

AirPodsも他のアップル製品と同様に、電池交換することが可能です。

AppleCareに加入していなくても電池交換することが可能です。

アップルストアでのAirPodsの電池交換金額


では、アップルストアで実施できるAirPodsの電池交換料金を見てみましょう。

AirPodsでは、モデルによらず全モデルで共通の金額となっています。

AppleCare+ for Headphonesの加入の有無によっても、保証対象であると無料で電池交換することができますので、加入している方は要確認ですね。

ちなみにアップルでは、欠陥による電池のトラブルがある場合はAppleCare+の加入の有無に関わらず無償交換の対象となりますが、経年劣化については無償交換の対象外。

また、AppleCare+ for Headphonesに加入している方の場合、蓄電量が80%未満になっていると無償で電池交換してくれます。

AirPodsはiPhoneを使えば簡単に充電のパーセントを確認することはできますが、電池の劣化状態までは確認することができません。

電池は日々の使用環境によって劣化のスピードも変わってきますから、一概にどのくらいで寿命を迎えるかは言えないところですが、普段の使い方で電池切れを起こすようであれば電池交換を検討してみて良いでしょう。

例えば朝フル充電した状態で、夜まで使えていたところが、夜まで電池が持たなくなってきた等ですね。

電池交換のお金を払うくらいなら中古品の購入もアリ

上記の電池交換の金額でもわかる通り、電池交換だけでも結構な値段がします。

仮にAppleCare+に未加入で、自費でAirPods両耳+充電ケースの電池を交換しようとなった場合、両耳10,800円+充電ケース5,400円+税金の金額がかかりますから、トータルで税込17,820円もします

これは結構な金額の負担になりますね。。。

これであれば、別のAirPodsを購入した方が安上がりだったりします。


AirPods MMEF2J/A
例えば秋葉原を中心にスマホやPCを販売する「イオシス」さんでは、中古のAirPodsが箱やライトニングケーブルなどの付属品付きで12,800円(税込)前後で販売されていたりします。

バッテリーの全取り替えを行うくらいであれば、このように中古品を購入して使っていくという方法もアリですね。お金も安上がりですし。

上記のイオシスさんのサイトでは、オンラインストアで店舗に行かなくてもネットで購入できますし、なるべくお金をかけずにAirPodsの電池の問題を解決したいという場合には、こんな感じでネットで中古品をうまく購入するという方法も覚えておきたいところです。

というわけで、AirPodsの電池の減りが早いと感じてきた時の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました