iPhoneSE(第2世代)を購入!早速開封してみた【写真多め】

iPhone
この記事は約3分で読めます。

iPhoneSEの2020年モデル(第2世代)をアップルストアにて購入してみましたので、早速開封レビューを写真多めでお届けしたいと思います。

iPhoneSE(第2世代)を購入!早速、開封してみた【写真多め】


今回購入したiPhoneSE(第2世代)は、アップルストアより国内版SIMフリーとして販売されている64GBブラック。

2020/4/17の予約開始から3分で購入予約を入れました。我ながらもう病気ですねw

今回の記事では主に開封をメインにしつつ、詳細なスペックなどは大手レビューサイトなどを参考にしていただければと思います。

ではでは早速、開封していきましょう。

箱・パッケージ


まずは箱から。今回のiPhoneSE(第2世代)のパッケージはこのようになっています。

第1世代のiPhoneSEのパッケージと同じように、白色を基調としてiPhone本体の写真を載せたシンプルな形ですね。


これまでのiPhoneと同様に、本体サイズを意識した大きさとなっています。

開封・同梱物


早速、開封してきます。まずはお馴染みのこれがお出迎え。


iPhoneSE(第2世代)がどどーんと鎮座。

この辺りは、もはや既視感しかありませんね。


箱の中はいつも通りの説明書、アップルシール、SIMピン、ACアダプタ、EarPods、Lightningケーブルのセットが同梱されています。


こちらはEarPods、ACアダプタ、Lightningケーブルのアップ。


今回のiPhoneSE(第2世代)でも、Lightning to 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタは同梱されていません。

iPhoneSE(第2世代)本体


続いてiPhoneSE(第2世代)本体です。

大きさ的にも、これまでのiPhone7や8と同じサイズ感ということで、あまり目新しいiPhoneという訳ではないですが、本体はもちろんピカピカです。


こちらは背面。

これまでのリンゴマークはiPhone11シリーズと同様に本体中央に配置され、それ以外の「iPhone」ロゴでさえ無くなっています。

かなりシンプルなデザインでほとんどiPhone8と同じですが、この辺りのデザインの違いでiPhone8かiPhoneSE(第2世代)かを見分けられそうですね。

個人的に気になっていた側面もマットなブラックになっていますし、正面から見ただけでは正直iPhone8との見分けは難しい感じでしょうか。


という訳で、電源を入れてみて実際に使っていきたいと思います。

とりあえず今回はここまで。

サイズ感はiPhone8と同じですので、ケースやフィルムなどのアクセサリが流用できるかなど、今後も検証していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました