iPhoneSE(第2世代)に100円ショップのiPhone8用ガラスフィルムを貼ってみた結果・・・

iPhone
この記事は約3分で読めます。

2020年4月24日に国内でも販売が開始されたiPhoneSE(第2世代)。

私も早速購入し開封してみた記事を先日お届けしましたが、今回は100円ショップのダイソーで購入できるiPhone8用のガラスフィルムをiPhoneSE(第2世代)に貼ってみましたので、その結果をお届けします。

iPhoneSE(第2世代)に100円ショップのiPhone8用ガラスフィルムを貼ってみた結果・・・


まず、今回のiPhoneSE(第2世代)とiPhone8・iPhone7のサイズ感を比べてみましょう。

こちらはアップルの公式サイトで確認することができる、iPhoneSE(第2世代)・iPhone8・iPhone7の本体サイズと重量の比較です。

iPhoneSE(第2世代)の本体サイズ感はiPhone8と一緒、iPhone7と比べると幅と厚さが0.2mmほど大きくなっていますが、こちらもほぼほぼ一緒ですね。

ディスプレイサイズは3機種とも4.7インチディスプレイとなっていますので、これだけを見ると「iPhone8やiPhone7用のアクセサリーが流用できるのでは??」と思いますね。

では実際に貼ってみましょう。

実際に貼ってみた


今回購入したのは100円ショップ「ダイソー」のiPhone8/7/6s/6用ブルーライトカット対応のガラスフィルム。

ラインドエッジ加工になっているもので、指紋もつきにくいと謳われている商品です。


パッケージの裏面はこんな感じ。

恐らく全国のダイソーで販売されていて、店頭でも比較的多く目にする商品でしょう。

では早速、iPhoneSE(第2世代)に貼ってみました!

!?!?

これは……


なんとエッジ部分が浮いてしまい、完全に貼り付けることができませんでした。。。


上部もこんな感じに。。。


まるで何か線が入っているかのようなデザインにすら見えますw


写真では見えにくいかもしれませんが、やはりエッジ部分が浮いてしまっていますね。

最悪、使えないことはないのですが、これでは長期的な使用は難しそうです。浮いた部分にゴミやホコリが入り込んでしまいそうですし。

私も本体サイズやディスプレイサイズだけを見ていたら「これiPhone8用のガラスフィルムをそのまま使いまわせそう」という感想しか持てませんでしたが、実際には特にディスプレイ部分はiPhone8までのディスプレイではなくiPhoneSE(第2世代)専用のディスプレイが使われているようです。

iPhone11シリーズに搭載されている最新のA13チップを搭載しつつ、サイズ感をiPhone8までの4.7インチを踏襲し、価格も税抜44,800円からという抜群なコスパを発揮するiPhoneSE(第2世代)ですが、ことアクセサリーについてはこれまでの物を流用できない物があるようです。

今回はダイソーのiPhone8/7/6s/6用ブルーライトカット対応のガラスフィルムを貼ってみましたが、他の100円ショップでも同じようなガラスフィルムは販売されていますので、別の商品でも試してみたいと思います。

引き続きケースなど流用できるか調査を続けてみたいと思います。

今回の調査はYouTubeに貼りつけの模様をUPしましたので、是非こちらもチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました