携帯キャリアでiPhone12の安売り開始!在庫が増える白ロムをお得にGETしよう

iPhone
この記事は約3分で読めます。

年度末を控えて、今年もiPhoneの安売りシーズンになってきました。

特に各キャリアでiPhone12シリーズのiPhone12、iPhone12miniの安売りが始まっています。

  • 回線契約はしたくないけど、気軽に白ロムを購入して新しいiPhoneにしたい!
  • サブ用のスマホ、Wi-Fi用として用意したい!
  • 進学進級する子供用に安くiPhoneを用意したい!
  • 安いiPhoneが欲しいが、コロナ禍もあり中古品ではなく新品を用意したい!

などなど、回線を契約せずに端末本体だけの白ロムとして手に入れたい方もいると思います。

そこで今回は、この時期オススメの白ロムiPhoneをご紹介します。

携帯キャリアでiPhone12の安売り開始!在庫が増える白ロムをお得にGETしよう


回線契約のない白ロムが売り出されるには、一般的に

携帯キャリアで販売→端末が不要になった人が売却→未使用品・中古品が白ロムとして販売

というような流れがあるため、携帯キャリアが安売りを始めると購入者が増え、その中で端末が不要な一定数の人の売却が増えることで白ロム価格が値下がることが予想されます。

どこの業界でも同じことが言えると思いますが、供給過多な状態になると価格が値下がりするというわけですね。

白ロムを安く買うには、このように携帯キャリアでの販売状況を確認しておくと、今後お得に購入できる白ロムは何か?を予想することができます。

おすすめはiPhone12・iPhone12mini

では、今年の安売りiPhoneで目玉は何か?というと、冒頭でも書いた通りiPhone12・iPhone12miniでしょう。

各携帯キャリアでは安売りが始まっていまして、ドコモやauの量販店で番号そのまま乗り換え(MNP)本体一括9,800円で売り出されているところも出ていますし、ソフトバンクも始めているという報告もあります。

条件によっては、本体一括1円で購入できる場合もあるそうです。

iPhone12・iPhone12miniは2020年に発売された1世代前の機種になりますが、現行のiPhone13シリーズに負けず劣らず

  • 5Gへの対応
  • 容量は64GBを選択可能(iPhone13は128GB以下の容量なし)
  • カメラ1,200万画素
  • A14チップ搭載

というわけで、日常使いには全く影響ないほどのスペックを持っています。

特にストレージ容量はiPhone13には無い64GBの低容量モデルがあるため、保存データもそこそこで、あまりガッツリ使わないという方にも向いています。

【白ロム】iPhone12未使用品

具体的に販売されている白ロムを見てみましょう。

こちらは未使用品のSIMロック解除済iPhone12の白ロム一覧です。

64GBモデルを中心に、安売りが続けば各色での白ロム在庫も増えていくでしょう。

【白ロム】iPhone12mini未使用品

続いて未使用品のSIMロック解除済iPhone12miniの白ロム一覧です。

こちらも各色64GBモデルを中心に販売されています。

各キャリアで本体一括購入の安売りとなっていることもあり、SIMロック解除も実施済の状態で白ロム販売されていることが多いですので、買ったその場で格安SIMや手持ちのSIMカードを制限なく利用可能という点も嬉しいです。

上記でご紹介したイオシスさんでは、未使用品の白ロムを購入した後も初期不良・動作不良があった場合に6ヶ月間の保証が付いていますので、アフターサービスも安心です。

今後は各キャリアでの安売りから白ロムの供給量が増えて、さらに安くiPhone12・iPhone12miniを購入できるかもしれません。

気になる方は販売一覧からチェックしてみることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました