【100円】キャンドゥのiPhone13用ハードケースを購入してみた【写真多めレビュー】

iPhone
この記事は約3分で読めます。

100円ショップのキャンドゥ(Can Do)で購入可能な、iPhone13用のハードプレミアムケース(クリアタイプ)を購入してみました。

実際にiPhone13本体に装着してみましたので、装着した感じなどをレビューしてみたいと思います。

【100円】iPhone13用のハードケースを購入してみた【写真多めレビュー】


早速、ケースを開封してみます。パッケージはこんな感じで、しっかりとiPhone13向けであることが書かれていますね。


裏面はこんな感じです。製造は山田化学株式会社で、材質はポリカーボネートですね。


ケースとiPhone13本体の背面が密着しないように、グレア現象防止加工(ドットパターン)が施されています。

また、iPhone12シリーズを含む過去の機種には使用できないことが、明確に書かれています。カメラサイズなど、異なりますからね〜。

早速開封してみた


では早速、ケース本体を開封していきましょう。

ケースはフィルムに入っていて、かなりしっかりした作りになっています。


本体上部・下部、またスリーブボタンとボリュームボタン部は全てカバーされず、大きく開いています。このあたりは好みが分かれるところかと思いますが、価格を考えれば仕方ないとも言えます。

また、ケース右下にはストラップホールも用意されています。

実際に装着してみた


では早速、iPhone13に装着してみましょう。

実際に装着してみると、結構しっかりと装着できています。ケースが歪んでしまったり、iPhone13本体との間に隙間が出来るような感じはありません。


カメラのレンズ周りも隙間なく、サイズ感ピッタリで装着出来ています。


では、上下左右のカバー感を見てみましょう。


まず、上下は全くカバーされていません(笑)見ての通り、ガッツリ開いています。ここは、流石に100円の限界という感じでしょうかね。

上下に関しては万が一、落としてしまった場合は確実に本体に傷が入ってしまいます。


左右はスリープボタン、ボリュームボタンとサイレントスイッチ全てに切り込みが入り、ボタン自体はカバーされません。

このあたりも、100円の限界という感じでしょうか。そもそもハードケースという材質上、ボタン類をカバーしたとしても、押しにくいなどの弊害がありそうですので、仕方ない気がしますね。


右下にはストラップホールが備わっています。穴自体は外向きに出っぱっていますので、iPhone13本体の側面を傷つけるような心配は必要なさそうです。


グレア現象防止加工(ドットパターン)のおかげで、背面との密着が無くなり、グレア現象なく使うことができますね。

まとめ


というわけで、100円ショップのキャンドゥ(CanDo)で購入可能なiPhone13用のハードケースを装着してみての感想をお伝えしました。

全体的にガッチリとiPhone13本体を挟み込むイメージのケースで、そういう意味では安心感があります。


ただし、上下左右の切り抜きの部分は本体が剥き出しになる部分もあり、100%傷つけずに使えるかと言われると難しいと思います。

また、ハードケースゆえの材質によって、手に持った時のツルツル感は拭えず、ふとした瞬間に手から滑り落ちてしまうリスクもあると感じました。

ケースをつけることで滑り止めの役目を期待したい人には、全く不向きなケースかと思いますのでご注意ください。

100円で購入できるハードケース、気軽に手に入る分、細かいところは気をつけないといけないポイントは多いですね

ぜひ、この記事が購入を検討している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました